弦楽器 ヴァイオリン

川井郁子の概要、プロフィール

このサイトは、川井郁子のFanサイトです。川井郁子経歴などをご紹介いたします。

川井郁子

愛媛県高松市牟礼町出身のヴァイオリニスト・作曲家。音楽活動にくわえて女優としても活躍。血液型 B型。大阪芸術大学芸術学部音楽学科教授、1968年1月19日生、ヴァイオリンの女神とも称される。

1998年映画「絆」(役所広司主演)では批評家大賞新人賞を受賞している。
1999年放送のNHK朝の連続テレビ小説「すずらん」(遠野凪子主演)等に出演している。
2000年本名川井郁子としてのデビューアルバム「The Red Violin」をリリース。
現存する音楽の境界を越えた作品となり話題を呼ぶ。
表題曲は川井郁子の代名詞と言える作品となる。
2001年川井郁子の2ndアルバム6「Violin Muse」をリリース。
オリジナル曲、オリジナルアレンジで人の力を超越した新しい音楽の創造に成功。
演奏活動はもとよりテレビ出演やCMなどのメディアでの活躍もめざましかった。
2002年川井郁子の3rdアルバム「インスティンクト」をリリース。
構想から実施まで徹頭徹尾、自作自演にこだわった力作であり、
川井郁子の世界が見事に表現された渾身の作品となり、各方面より高い評価を得る。
2004年川井郁子の4thアルバム「オーロラ」をリリース。
シンフォニア・フィンランディア携えた壮大なオーケストレーションに挑戦。
更にパイプオルガンや尺八、パーカッションなどを積極的に用い、クラシックという伝統的な音楽文化を継承しつつ発展させるとともに、独創性のある音世界の創造に成功。
クラシックチャート1位を獲得、各種チャートでも上位にランクインする。
2004年川井郁子の5thアルバム「嵐が丘」をリリース。
川井郁子自身の内面性を名作映画の女性主人公に投影し、女性の様々な内的感情や本能を描きだし、そのドラマを紡ぎあげた。
6月、川井郁子初のオリジナルステージ「ドゥエンデ〜スリーカラーズ〜」を銀座博品館劇場で開催した。
ステージ上で自身に舞い降りてくるドゥエンデ(憑依、妖しさ、魔力)の感覚を、“アマトリア(愛)”をテーマに、その世界観を“白”“黒”“赤”の3つのエレメントで形成し描きだした。
バレエダンサーや舞踏家とともに挑んだこの舞台では、新たな表現世界をもって他の追随を許さない独自の世界観を創りだした。
2007年1月に放送されたテレビ朝日系列「題名のない音楽会21」に振袖姿で出演し、物議を醸した。
3月、川井郁子初のベストアルバム「The Violin Muse」を発売。

サイトMENU

ボストンスクール

Boston School of MusicTM(BSM)はインターネットで学ぶ音楽学校です。

BSMのレッスンは“誰でも楽しく簡単に”楽器に親しみをもってもらえる内容になっています。 楽しく音を出すことから始め、スタンダード曲を演奏、さらにはアドリブ(即興演奏)へと進んでいきます。

アドリブすればシンプルでも会話のように相手とコミュニケーションできます。 音は時として、言葉以上の気持ちが伝わるものでもあるのです。

↓ ↓ ↓
インターネットミュージックスクール☆無料体験受付中! インターネットミュージックスクール無料体験
インターネットミュージックスクール無料体験

サイトMENU

Copyright (C) 2009 楽器の世界|ヴァイオリンの女神 川井郁子Fan. All Rights Reserved.
[PR] 布団 通販|犬のしつけ|姓名判断|ワイシャツ 通販|レンタル DVD|結婚祝い|レンタルサーバー|そば打ち|名古屋城|腰痛 治療|炭酸ミストシャワー|